BABY葉酸~ママのめぐみ~妊活・妊娠中・産後までおすすめサプリ

厚生労働省も摂取を奨励し、母子手帳にもその重要性について記載され注目が高
まっている「葉酸」。

葉酸って何でもいいのかと思っていました~

調べてみると 合成で作られたモノグルタミン酸型葉酸の方が 天然成分のポリグルタミン酸型葉酸よりも
吸収率が倍あるので、しっかりとお腹の赤ちゃんに 葉酸の栄養を届けることが出来るようです。

だから厚生労働省でも モノグルタミン酸型葉酸を推奨しているようです。

【BABY葉酸~ママのめぐみ~】は もちろんモノグルタミン酸型葉酸を配合しているから
赤ちゃんにしっかりと栄養を届けることが出来るから私は安心して ママ活を始められる。



厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸を
推奨量の400μg配合

カルシウム・ビタミン・ミネラル
鉄分や植物酵素など体に良い成分を
他の葉酸サプリよりも高配合

美容成分もたっぷりで ママ自身のキレイをママ活中もサポート

赤ちゃんと自分のことだから安心が1番

無添加やGMP認定されている国内工場で
医薬品レベルの厳しい品質管理の元で
安全に製造しているから安心

『BABY葉酸~ママのめぐみ~』は
妊活中から妊娠中、産後まで
赤ちゃんとママさんのことを
妊娠経験者の声を元に作られた葉酸サプリ



妊活・妊娠中・産後までサポート 【BABY葉酸~ママのめぐみ~】



近年、少子化が進むにつれ、男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、日本の医療技術において、今のところ100%の産み分け方法はないとされています。
そういったことはよく分かっており、やはり挑戦してみたいという事であれば、以下に記述することをやってみてください。
どういう方法かというと、排卵日を基準に男の子がよければ当日、女の子がよければその2、3日前に性交渉を行えば有効なようです。
葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していくことを求められる栄養素です。
本当にたくさんのメーカーで主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、注意しなければならないのは、買うときに葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。
身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、不要な添加物や香料が入っていない身体に優しい製品を探しましょう。
葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。
では、いつまで葉酸を摂らなければならないかというと、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。
そんなに長い期間と言われそうですが、最短でも、妊娠中期までの間は葉酸の摂取を意識してほしいです。
葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなく母体を健康に保つためにも重要な栄養素であり、妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう意識的に摂ることが必要とされています。
全ての妊婦から見て、栄養素の中でも、葉酸が重要になってきます。
他のビタミンと同様、葉酸は葉物などの野菜に豊富に含有されており、特に含有量が多い食材としては枝豆、ほうれん草などです。
そして、ほうれん草ならば、妊娠している女性には、葉酸と同様に必要な鉄分を多く含む食材として有名なので野菜の中でも、おすすめできるものです。
体の冷えは多くの女性が悩んでいるものですが、妊活中の方にとっても体を冷やすことは最も避けたいものの一つでしょう。
冷える事は血行不良に繋がりますから、妊娠に重要な器官の働きを低下させるかもしれないためです。
冷えは妊活の大敵ですから、冷えを感じるようであれば、ソックスを活用して気軽に実施できる「冷えとり健康法」を行うなど、体を冷やさないように注意しながら、冷えを改善して血行を良くするようにするのがおススメです。
サプリメントの一つに、マカというものがあります。
これは何かというと、男性のスタミナをアップさせるという作用があるものなのですが、その他にも期待できる効果があります。
赤ちゃんを妊娠しようと、妊活をしている女性の、体の血の巡りを良くする効果があり、体を妊娠しやすいコンディションに整えることが出来るのです。
それのみならず、ホルモンのバランスを整えてくれるという嬉しい効果もあるため、妊活の目安ともなる基礎体温も正常となりますので、体内環境を改善することに貢献してくれます。
カフェイン入りの飲み物を飲みたくない妊活中は、ハーブティーで代用という方が多いです。
これはどうしてかというと、第一の理由は体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。
一例を挙げれば、女性に多い冷え性であったり、生理不順であったりを緩和させることが出来ます。
また、リラックス効果を得ることにも役立ちます。
ストレスは妊活の大敵ですが、そういったものを解消してくれるでしょう。
葉酸の特長として、熱に弱いことが挙げられます。
従って食事だけで所要量を確保しようと思うと大変ですから、サプリメントなどで補っていった方が賢明です。
市販の葉酸サプリメントもたくさんの種類がありますが、加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることが大事な条件です。
自分の身体を整えるために摂るものなので、原料が天然のものに由来していることや、余分な香料や添加物でごまかしていないことなど、安全性も考えて選んで欲しいです。
私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、その手の本やサイトを調べたところ、葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと胎児がすこやかに発育するのには最も良いと、同じことが書かれていたため、葉酸をサプリで摂り始めました。
いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、摂りすぎに注意していれば母子双方に葉酸は必要だということだったので、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。
お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。
葉酸は赤ちゃんがお腹にいるときに重要となるだけでなく、無事生まれた赤ちゃんにも、お母さんにも摂って欲しい栄養素だと言えます。
葉酸は、細胞分裂が最も盛んな妊娠初期に特に必要になるため、妊娠したいと思うならば、その時から妊娠時の所要量を摂っておいた方が妊娠したときにあわてなくて済むでしょう。
妊娠時に必要な量の葉酸を、食事だけで毎日摂るのは無理があるのでサプリメントや錠剤、特定保健用食品を適切に使っていきましょう。